三大療法が適用できる|治療の技術が進む日本では下肢静脈瘤が治る
ナース

治療の技術が進む日本では下肢静脈瘤が治る

三大療法が適用できる

枕

外科療法の注意点

肝臓がんを治す方法には外科療法、局所療法、肝動脈塞栓術の3つがあります。がんの治療として有名な化学療法が用いられることは少なく、昔からこれらの3つのうちのいずれかを選択することが一般的でした。外科療法が行われるイメージがありますが、肝臓がんを完全に治療するにはがんの腫瘍それ自体を切除する必要があります。しかしながら、そのためには血液をたくさん必要としますし、肝硬変や慢性肝炎などの他の病気を併発している可能性も考慮しながら手術をしなければいけません。健康体で若い人であれば問題ありませんが、高齢者の場合は切除は難しいです。そのような場合には局所療法と肝動脈塞栓術が用いられます。ちなみに、日本は肝臓がんの治療実績において世界でも有数のトップクラスです。

外科手術以外の治療法

肝臓がんの局所療法とは、開腹手術ではなく皮膚の上からがんに直接針を刺して治療するというものです。がんの病巣を局所的に治療することからこの名前がついています。身体にかかる負担が少なく手術時間も短いというメリットがあります。血液に針を刺してエタノールを注入することでがんを死滅させる方法が最も広く行われている局所療法です。一方、肝動脈塞栓術とはがんの周辺にある血管にカテーテルという細い管を入れてそこから油性造影剤と抗がん剤を注入します。それから血管を塞ぐ塞栓物質を注入するとがん細胞に血液が運ばれなくなって死滅するというわけです。肝臓がんの治療方法には外科手術以外にも優れた治療法が日本には存在しています。