胃カメラで検査しよう|治療の技術が進む日本では下肢静脈瘤が治る
ナース

治療の技術が進む日本では下肢静脈瘤が治る

胃カメラで検査しよう

お腹を押さえる人

逆流性食道炎などが原因

お肉中心の脂っこい食事の普及などで、病気になってしまう方が増えています。日本人の死亡原因で特に多いといわれているのが、がんです。胃がんや大腸がん、乳がんになってしまう方が特に多いようです。また、食道がんも増えています。食道がんは、胃がんなどに比べると予後が辛いといわれています。食道がんになってしまう原因には、逆流性食道炎などがあります。逆流性食道炎は、文字通り胃酸が食道を逆流してしまい、食道などを傷つけてしまうことがあります。また、油分が多い食事が多い方や食後すぐに横になってしまう方がなりやすいといわれています。食道がんや逆流性食道炎の検査は、内科でも行われています。大抵一週間ほどで結果がわかるので、胃カメラ検査を受ける方は多いのです。

たばこや飲酒は控えめに

体調に異変がある場合には、早めに病院へ行きましょう。がんには進行が早いものもあるのです。その場合、少しでも発見が早いほうが良いといわれています。また、たばこの吸いすぎや度数が強いアルコールは、直接食道を傷つけてしまうことがあります。また、熱すぎる食べ物や飲み物、辛いものなどの刺激物にも注意が必要です。食道がんは、自覚症状がない場合も多いのですですから、人間ドックや健康診断などはきちんと受けるようにしましょう。発見が早ければ治療がスムーズに行く場合も多いです。食道がしみるような感覚やのどが詰まった感じ、せきや体重減少などの症状がみられる場合は、内科や消化器内科などを受診しましょう。がんの疑いがある場合は、生検などが行われます。