ドクター

治療の技術が進む日本では下肢静脈瘤が治る

三大療法が適用できる

枕

肝臓がんの治療法は3つあります。外科療法、局所療法、肝動脈塞栓術です。外科療法は開腹手術の1つで若くて健康体の人に適しています。一方、局所療法と肝動脈塞栓術は身体に負担がかりにくいので高齢者や身体が弱い人に適しています。

足の静脈に発生する疾患

横になる女性

下肢静脈瘤とは、長時間、同じ姿勢をとり続けている人が発症しやすい疾患です。下肢とは足のことで、瘤とはコブのことです。従って、下肢静脈瘤とは、足の静脈がコブ状に膨れ上がってしまう疾患のことを指します。周知のとおり、血液は心臓を出発して心臓に戻りますが、足の血液が心臓に戻るためには、重力に逆らって流れる必要があります。それは当然、非常に難しいことなのです。ただ、人間の体は上手くできていて、ふくらはぎの筋肉の収縮がポンプの役割を果たしますので、血液は重力に逆らって流れることができます。また、足の静脈には、血液の逆流を防止するための弁も備わっています。しかし、長時間、同じ姿勢をしていると、ふくらはぎの筋肉は動きませんので、血液は停滞してしまいます。その停滞によって弁に負担がかかり、やがて壊れてしまって下肢静脈瘤を発症してしまうのです。このようなことですので、やむを得ず、長時間、同じ姿勢をとり続けなければならない人は、休憩時間等に、ふくらはぎのストレッチ等をして、予防することが大切です。

下肢静脈瘤の治療法は大きく分けて3種類あります。3種類とは圧迫療法、硬化療法、手術療法です。圧迫療法とは、弾性ストッキングを装着して血液の循環を改善する治療法です。但し、保存療法となりますので、進行を防ぐことしかできず、よって、軽症の場合に有効です。硬化療法とは、硬化剤を注入して静脈瘤を静脈ごとつぶしてしまう治療法です。そして、手術療法は静脈瘤のある静脈を抜いてしまったり、縛ってしまったり、レーザーによって閉塞させる治療法となります。硬化療法と手術療法は、下肢静脈瘤の完治を目的とした治療です。ただ、見て分かるとおり、壊れた弁を修復するのではなく、静脈瘤のある静脈を不要なものとして始末してしまう治療法です。そんなことをして大丈夫なのかと思うかもしれませんが、1つの静脈が無効になっても他にも静脈はありますから、何も問題はないのです。

胃カメラで検査しよう

お腹を押さえる人

日本人の死亡原因の上位にがんがあります。一度がんになってしまうと、手術などをしなければなりません。食道がんは、ある程度予防できます。たばこや飲酒、脂っこいものを控えたり、食後すぐに横にならないように心掛けてみましょう。

まず受診する病院

カウンセリング

城東区には、内科病院がたくさんあり、風邪などの軽い病気を治療しています。体に不調がおきた場合、まず受診するのが内科であることが多く、症状の診断を行って、ほかの診療科へ紹介する場合もあります。内科では、健康診断や予防接種も行っていて、ホームページなどで調べることができます。